ちゃんとしたい

弾性のあるゲロ

918

【今日クソ長い、4000字。でも楽しく書いたから読んでほしい…😭長濱ねると私について】

 

かじるバターアイスになぜか惹かれないわたくし、ツイッターで「塩バタークッキーキャラメルサンド」なるものを見つけて探し回り購入。ねえ、美味しすぎるよこれ!こっちがバズれよ!まとめ買いしたいがまとめ買いするとその分食べてしまうのでまとめ買いしたくない。ソルティーっていう美味しいクッキーがあるんだけども、それでアイスを挟んだ感じ。塩バターが結構しっかり効いてる。まあでも、想像通りの味。で、想像通りめっちゃ美味い。

f:id:chantoshitai:20210918225249j:image

食後でごめんなさい。Google検索しても画像すら出てこないこの謎のアイス。もうあの、商品名を構成する単語ひとつひとつだけで愚民たちが食いつくのをわかっているから、潔くやる気ないパッケージなのが最高。森永のアイスはいつもバカの味付けで、私のバカ舌ドンピシャですげえよ。ビスケットサンド、ザクレープ、板チョコアイス、バニラモナカジャンボ、あれ全部何かに包まれている…。

 

 

 

 

 

ついでに森永で思い出したお話を。私は長濱ねるのことが嫌いなんだけど、嫌いになった瞬間のことをものすごく鮮明に覚えているのでそのことを書く。逆恋に落ちる瞬間というか、人間にはこんなに白黒はっきりとした感情のスイッチがあるんだと思ったな。

 

 

「OVERTURE」という、ファッション・カルチャー色が強めなお洒落女性アイドル雑誌が好きで昔よく買っていたんだけど、その2016年3月号に欅坂46メンバーの「好きなもの成分表」という企画があった。まだサイマジョの時期。前も書いたことがあるけれど、私は雑誌の中でもそういう個人的なのが結構好きで、欅坂には興味ないけど隅から隅まで熟読したのね。長濱はそのときまだ変なルートで加入したばかり。

そのプロフィール項目の中に、好きなお菓子って欄があるのね、みんなチョコ〜とか、おっとっと〜、とか書いてたの。f:id:chantoshitai:20210918225730j:image

(追記:今見たら齋藤冬優花は「チョコあんぱ〜ん♡♡」と書いていて、とても齋藤冬優花だった。)

 

そんな中長濱ねるはね

f:id:chantoshitai:20210918225903j:image

「もぐもぐ苺チョコ」と書いていた。この瞬間私は長濱ねるのことを嫌いになった。

 

 

 

説明します。

まず、チョコが好き!でいいだろ。アイドルの可愛さアピールとして十分すぎるほど足りている。なのにこいつは、商品名を利用して「もぐもぐ」を押し付けてきやがった。いやらしい本当に。その、苺チョコという食べ物が属する可愛さの系統って、アイスやケーキなどのガーリー路線なのに、更に「もぐもぐ」でほんわか路線までもをゴリ押ししてくる感じが腹立たしい。あとちょっとマイナーなお菓子というサブカル売りまで周到にやっているのが腹立つ。実際現在ソロ活動、めちゃめちゃサブカル路線で売っているな!

 

そしてそもそもこのチョコの正式名称は「おいしくモグモグたべるチョコ 蜜づけいちご&4種の素材」である。森永の商品だ。

f:id:chantoshitai:20210918230101j:image

もぐもぐ苺チョコなどという略称は、あまりにもいいとこ取りだ。というか、もぐもぐも苺もはじめから存在していないのだ。恐ろしい。うろ覚えだから雰囲気で書いたのかもと思っただろうか、そんなあなたは既にあいつの手の上で踊らされている。きっと長濱ねるは、正式名称も把握している。把握した上で、「うろ覚え」という名の魔法を利用して我々を欺いているのだ。

 

大抵、人間は「おいしくモグモグたべるチョコ」でさえいくら好きでも書けない。あまりに可愛くてあざとさが滲み出ていて恥ずかしいから。中間狙ってガルボの苺とかにする。のに、長濱は羨ましいくらいさらりと書きやがる、「もぐもぐ苺チョコ」というずば抜けた上回り方で。あいつはそういうことができる人なんだよ。

その証拠に、あいつはそんなにこのチョコのことを好きではない。私は気になりすぎて当時検索をかけたが、このプロフィール以外であいつが「もぐもぐ苺チョコ」の名を掲げたことは一度もねえ。なんなんだよ。振り切れすぎていて逆にかっこいいよ。しかもプロフィールは10項目以上あるし、全メンバー分掲載されているから、長濱ねるの好きなお菓子の欄は物理的にも印象的にもものすごい小さい。なのにこれでもかと徹底した押し付けがましい、しかしオタクには押し付けがましさの伝わらない計算高い自己アピール。(よく見たら「チャームポイント・腕がヘンな方向に曲がります」もムカつくな。チャームポイントを敬語で語りかけてくるなよ。)んああこいつは…!!!!と当時中3にして私は思った。嫌な中学生すぎるだろ。

 

それからというもの私は、長濱がいじめ疑惑で炎上したときも、長濱が卒業してソロで復活したときも、そして今日本屋で長濱が文庫本の帯に登場しているのを見かけたときも、事あるごとに毎回「もぐもぐ苺チョコ」のことを思い出しては、やっぱり当たってた…と怖くなっていた。何年経っても私の中の長濱ねる像は、

「明らかに推されて変な加入の仕方をしたので、周りからやっかまれないように今は輝くのを控えておくべきだと思いつつ、それでもやっぱり私の溢れんばかりの可愛さをアピールしたくて、ちっせえ自己紹介のところで恥ずかしげもなくもぐもぐ苺チョコと書く奴」

から1ミリもブレないのだ。

 

 

f:id:chantoshitai:20210918235651j:image

これなのだ。誰?とかなんで急にミスiD?とかとりあえず諸々の文脈は無視してください。私はこのツイートが大好きで、ずっとブックマークしてとってある。おそらくこれは吉田豪のことを書いているんだがそれはどうでもよくて、これは私が長濱ねるに対して思うことのすべてだ。これは私のツイートだ。

 

 

 

 

ここからは余談。いや、長濱ねるともぐもぐ苺チョコもとい「おいしくモグモグたべるチョコ」と私を巡るアナザーストーリー。第2章。衝撃の真実。大どんでん返し。信頼できない語り手。

 

 

高校生の頃、サブリミナル効果的なやつだろうか、欅坂46そして長濱ねるが人気を増すにつれて、街中でやたら「おいしくモグモグたべるチョコ」が目に入るようになっていた。

最初は、顔みたいに見えるおばあちゃん家の和室の怖い木目と同じ要領で避けていた。チラ見しては逃げてた。けど、やっぱり気になる。2年間くらい葛藤した結果、買った。

 

めちゃめちゃ美味しかった。パッケージの健康食品っぽさからかなり見下していたのだが、美味しい。1粒がデカいし、中に入ったナッツたちのザクザクとした食感がアクセントになるから、ずっと楽しめる。なんだか「モグモグ」と付けたくなるのもわかった。デカザクチョコを頬張っている自分が、ハムスターがひまわりの種を一所懸命食べている姿と重なっちまうよ。てかこれ本当に美味しいし、悔しいけど長濱ねるは本当にこれが好きで書いたんじゃないのか?と罪悪感が込み上げもしたが、好きでも書くなよ書くなら貫けよとすぐクズを立て直した。

 

しかしクズは、裏切ってからの勢いがすごい。コンビニで1つお菓子を買うとき、「おいしくモグモグたべるチョコ」、特にいちご味を積極的に選ぶようになる。ある日コンビニから消えてしまったが諦めずに探索し、大学の生協という超絶穴場にて再会。教科書と文具だらけの生協に毎日赴き、わざわざチョコだけを買う気持ち悪い学生に豹変した。早く食べたくて我慢できず生協を出た瞬間歩き食べしていたら、友人に遭遇してストーリーを撮られ、「おいしくモグモグたべるチョコ」であることを笑われてしまったこともある。可愛いとも言われた。正直、まんざらでもなかった。私はあんなにバカにしてた長濱ねるのやり口に便乗していたのだ。oh sit!そりゃ、みんな長濱ねるになりたいよ。

 

 

そのうち生協でも見かけなくなり、「おいしくモグモグたべるチョコ」のことはあまり考えなくなっていた。そんなある日、おかしのまちおかで私は見てしまった、「おいしくモグモグたべるチョコ 蜜づけいちご&4種の素材」(約150円)が賞味期限間近のため60円で大量に販売されているのを…。しかも美味しそうすぎる新味、クリームチーズまで…。f:id:chantoshitai:20210918230633j:image

奇跡か?みんな名前が恥ずかしいからこのチョコ買わなかったの?ったく、アホだな〜(笑)これガチうめえかんな(笑)とイキりつつ、真顔でカゴにぶち込んだ。10袋、買った。

 

 

それからほんの数日後に、私は友人たちと3日間旅行した。あっという間に残り5袋となってしまった「おいしくモグモグたべるチョコ」はお家でお留守番。旅行はとても楽しかったが、帰宅した瞬間、「早くおいしくモグモグたべるチョコが食べたい!」という衝動に駆られた。それはもうさながら禁断症状だった。夜中だったがそんなの関係ない。もう3日も我慢したのだ。とにかく食べたい。でも旅行先でガチガチにヘアセットされていたので早く髪を洗いたい気持ちもある。色々考えた結果、お風呂に入りながら食べることにした。

 

 

無論、5袋。オキニのいちご味を3袋残しておいたから、いちご味から始めていちご、クリームチーズ、いちご…と交互に食べることにした。旅行で食べまくったくせにいいの?いや、もうすぐ日付変わるから明日のカロリーになる、よってセーフ。モグモグ、モグモグ、モグモグ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:chantoshitai:20210918231413j:image

誕生日を迎えていた。ちなみに、成人だった。

20歳になる瞬間、私は、「おいしくモグモグたべるチョコ クリームチーズクランベリー&3種の素材」を食べていた。

 

 

 

 

こんなことがあっていいのだろうか。長濱ねるに見せる顔がない。長濱ねるを「もぐもぐ苺チョコ」とプロフィール欄に書いたことの一点張りで攻め続けていたのに、お前ときたら、大人の階段を登って一番最初にやることが「おいしくモグモグたべるチョコ」を貪り食う、だぞ。ラブリーが過ぎる。いや、ラブリーに過度に憧れた結果、ラブリーが度を超えてしまい、愛が足りないと泣き叫ぶ妖怪になってしまったんだ。長濱ねる、ごめん。私はあなたが嫌いで正直大好きだが、それ以上に自分のことが嫌いで大好きだ…。

 

 

「おいしくモグモグたべるチョコ」はもう見かけない、おそらく販売終了だと思われる。でも油断するなよ長濱ねるめ。私は「もぐもぐ苺チョコ」を永遠に忘れないからな。なんてったって成人の定義は「おいしくモグモグたべるチョコ」を深夜に風呂で爆食いできる大人になることなんだから。森永に調教された私のバカ舌が生き証人となってやる。てめえが本当に好きなお菓子を言うまで絶対許さないからな。