ちゃんとしたい

弾性のあるゲロ

831

f:id:chantoshitai:20210831162123j:image

昨日920台に突入したばかりだったので、あと5回くらい日記書いたら1000行けるかな〜とドキドキしていた。なのに、朝食バイキング楽しんで帰ってきて携帯ふと見たらこれです。昨日の夜読んでもらえた分に加えて、珍しく朝の時間帯にたくさん読んでもらえて、ついに、ついに、1000に到達しました!やった〜!!!!!!とても嬉しい😭

最初はアクセス数をほとんど気にしていなかったんだけど、北岳のこと書いたときに突然爆増して、それ以来コンスタントに平均が上がっていたから気にするようになった。やっぱりしょうもない内容であれ読んでもらえるのは嬉しいからね〜。

いつも読んでくれている方々ありがとうございます、私もよく覗いています。あとこの間パソコンで見たらTwitterからの流入?が4割くらいだった。Twitterから覗いてくれている人、ありがとう…フォローフォロワーの少ない鍵垢のため不穏な雰囲気がありますが、マジでモーマンタイです。是非フォローしてね…。あともし知り合いが読んでいたとしたら、こっそりお前のアカウント見てるぞしめしめって思えるほど中身がなくてごめんねこれからも読んでね…。

 

 

【ごめんなさい今日めっちゃ長いです、2500字超…】

今日のことも書く。まずは朝食バイキング楽しんだ〜(写真なし)。しかし特筆することはねえ。そのあと2度寝してチェックアウト、下の階にあるBOOKOFFに寄りました。ここのBOOKOFFなんか異様だった、BOOKOFF特有のあの匂いがしないし綺麗だし店員さんが接客の意識強いし、ちょっとお洒落な選書が為されていた。かの新宿でもBOOKOFFBOOKOFFだったから、BOOKOFF然としていない店舗が存在するとは思わなかった!錦糸町面白い。結構居座って、5冊買った。

 

 

駅前にたくさん商業施設があったので、散策。趣味は(大型)商業施設巡りです。H&Mで思いがけず可愛いワンピースを購入。下半身を買わないと…と思いながらいつも上半身ばかり買っているな。あと海外系ファストファッションブランドの試着室は何故どこもカーテンが微妙に閉まり切らないんだい?

久しぶりに見るフードコートの光景に興奮。フードコートも大好きな要素。昨日一瞬見かけてから若干気になり続けていたペッパーランチを食しました。

f:id:chantoshitai:20210831164230j:image

ペッパーランチ、私が好む要素(味ではなく)が濃縮されていると思う。真ん中にご飯が寄っていること、皿が丸いこと、あとはなんか自分で混ぜるところとかも?見ているとソワソワする。初めてかなと思ったけどなんか食べたことあるような気もした、でもそういう味なだけかも。

 

 

たしかこの直前くらいの時間に、引退したサークルのちょっと嫌なお願いLINEが2人から届いた。すっごい嫌になった、断ったら罪悪感が湧くように相手側の状況を記述していたりわざわざ2人で送ってきたり、仲良くもないのにこういうの頼むときだけ馴れ馴れしかったり、なんか過去も含めてかなり嫌になった、で嫌な気持ちのままペッパーランチ食べていた。そうしたらさっきBOOKOFFでたまたま目に入ったから買ったZINEの本のことが急に頭をよぎって、そのまま離れなくなった。嫌なLINE、ZINE、ペッパーランチの快感が光の三原色みたいな交わり方で上手いことバランスとりながら蠢いてた。ペッパーランチ混ぜてても色は全然混ざらないから黙々と食して、そのままお皿に残ったコーンをうわっとかきこんでいたら、同じ速度で脳内三原色がぎゅっと吸い込まれて、「私はZINEが作りたいんだ」という脳内一言に変換された。

 

 

そこからは凄まじかった。たまにある我を忘れる瞬間、いや瞬間というより時間かな、だったと思う。面白い講義を受けて、自分の思考や興味にはっきりとした名称があると気がついたとき。面白い映画やライブを見たあと、脳内が喋り続けて止まらないから意味のわからない場所まで歩いてしまったとき。あれみたいな感じだった。この今のモヤモヤも怒りも、私がここ最近呪いのように継続している日記も、バイトで自分が発する言葉をゲームのように楽しんでいることも、数ヶ月の間に観た濱口竜介監督の3本の映画から考えたことも、1人でインスタライブをしていることも鏡に向かって喋り続けていることも友達が少ないことも、就活が怖いことも、1人でホテルに泊まったことも、全部今日「私はZINEが作りたい」という一言を絞り出すためにあったんじゃないかなと思ったもん。もう、とっくに自分が追いついていなくて、ずっと悶々としていて、それはアウトプットしたい創作したいというわけだったんだけど、そんなのわからない気づかない気づきたくなかった。小説を書く才能も絵を描く才能もお喋りの才能も歌う才能も何もなかったから、どうにもできなかったし。でも、ZINE作ればいいんじゃん。自分のための文章を書いて、製本すればいいんだ。

急に楽しくなって言葉がとまらなくなって、錦糸町からとりあえずスカイツリーの見える方向に向かってずかずか歩いた。途中でいてもたってもいられなくなり、ローソンでちっさいキャンパスノートを購入。そしてソラマチまで来ちゃった。人がいっぱいいる、家族、友人、恋人、社会人、でも私はひとりだった。今気がついたけれど、ファミレスや回転寿司や商業施設が好きというのは、そういうみんなの場所に「ひとりで」行って孤独を噛み締めるのが好きということなのかもしれない。少しの自傷行為というか。でも普通に悲しかったから、急いで喫茶店に駆け込んだ。即座にノートを開いて溢れる脳を押し付けといた。言葉にすると間に合っていなくてムカついた。その勢いでさっきのLINEをお断りの意で返信し削除した、えらい。買った本も読んだ。ワクワクした。そのあと少しアイデアをまとめていたが、部下に説教している人が嫌な言い回しで責めていたので退散。今は早く家に帰ってパソコンで作り始めたいけど、実際に作り出すとうまくいかないんだろうなと想像つく…。でも、やりたいからやる。もし完成したら誰に渡そうかないやはや販売しちゃう?ネットプリントにしちゃう?ここにもURL貼ろうかな…とか楽しい妄想が膨らむ。あ〜忘れられない1日だなあ。孤独だけど。