ちゃんとしたい

弾性のあるゲロ

715

好きな先生がいる、美術館のキュレーションをやっている先生。可愛くて優しくてチャーミングで柔らかな物腰でお人好しで、綺麗な白髪で洋服も落ち着いているお洒落な雰囲気で素敵で、そしてとにかく美術の知識がもんのすごい豊富。全然美術に詳しくない私にもたくさん教えてくれる。あと読解力が異様に高くて、生徒の発表の趣旨を高度に抽象化して発展させてくれる。

 

先生は去年私の大学に赴任した。自分の興味関心(美術ではない)と重なっていたのでその先生の少人数演習を受講したら、平均20〜30人はいるはずの受講者が9人しかいない。少なすぎる。たしかに美術は私の所属しているコース(メディア関連)の主要な領域ではないし、他のところに美術コースあるしね。まあそれにしても少ない。先生が取り持つ初めての演習だし、内容もコアだったからだろう。めちゃ面白かったけど。

 

だいたいの演習には発表があるんだけど、本来受講者が先生の想定より多くて時間が足りなくなりがちなのでとにかく詰め込む、はい次の人!って感じなのね。でもこちとら9人しかいないからね、1回に2人よ。20分発表したら10分先生が語って10分先生とお話しよ、濃い。濃いねえ。それで先生とたくさんお話しした、オンライン上で。あと出席に必要なのかと思ってコメントシートも律儀に毎週先生へ宛てて送ってた(任意だったらしい)。そうしたら先生が気に入ってくれたっぽく、成績が良かった。

 

人柄も授業内容も好きだし、気に入られて成績が良くてラッキーだったので、今年も先生の演習を取った。初回に受講理由を話す必要があり、去年の先生の演習が面白かったからとお話ししたら私のこと覚えてくれてた。興味関心まで覚えてくれてた。はいまず嬉しい。

 

 

だいぶ迂回しまくったんだけど、で、今日の話。その演習(今年も面白かった)の最終日だった。

 

オンライン・対面併用なんだけど、私は今日発表者だったので、初回以来かな?久々に登校した。んで発表したら、私の取り扱った展示がとても行きたかったやつらしく(先生は日本の大体の展示に行っている)、盛り上がってくれた。嬉しい。

 

授業終わりに、レポートについて聞きたいことがあり先生に初めて声をかけた。いやその先生に対して初めてというか、そもそも大学の先生に授業後に声をかけたのが初めて。そしたら先生がすごく喜んでくれて、レポートのこと以外にも、今日の発表内容とかについて色々お話ししてくれた。

3年生?と聞かれた、多分2年生だったら来年私のゼミに入るかなと思ってくれたんだと思う。私が興味のある領域を語ったら褒めてくれた。それに基づいて私の好きそうな作品を具体的にお勧めしてくれた。帰る準備をしていなかったので席に戻ろうとしたら一緒に着いてきてくれてお話ししてくれた。で、最後に3年生か〜残念、また他の授業で会いたいですと言われた。あ、あ、うれしいいいいいいいいいいい😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭しょぼいでしょ、しょぼい出来事よ、他者に肯定されてよかっつあんね!って感じでしょ、でも、好きで、知性があって、面白くて憧れの先生に、生徒として好かれたということは恋愛よりもど直球に詳細に嬉しいんだよ〜😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭中身ってことやん😭てか私のゼミに入ってほしかったなってことやん😭しかも予想外のタイミングでそれを知る😭ということ😭今書きながら泣きそうだし普通に😭先生と仲良くなりたい😭先生のおかげで美術について興味を持ち始め展覧会をチェックするようになったのよ😭もっと詳しくなりたい😭決めたんです、ちゃんとメモしたから、先生がお勧めしてくれた作品を見たら、その感想を言うという建前で先生の研究室に行く、緊張するけど頑張る、あ〜うれしい。うれしい。