ちゃんとしたい

弾性のあるゲロ

216〈バーキン・スクランブルでプロフ撮影・背の高い外国人〉

はあ久々にタイトルつけられたよ…。余裕がない!2月の日記、ほとんどがやっつけになっています。自分よ、読んでくれた誰かたちよ、ごめんなさい。

 

用があってひさびさ渋谷に行った。渋谷って「インスタでは有名なんだろうけど知らんから全部一緒に見える!入りにくいぜ!」系の謎飲食店が多いから、1人で行くと毎回食べるものに困っちゃう。

最近ずっとグラタン欲があるから、洋食のファミレス探していたけど、センター街では見つからない。だが、マック・ウェンディーズバーガーキングの並びを見たら急に3つから選ばなきゃって思い始めた。で、3年ぶりくらいにバーキン行った。バーガーチェーンの中で1番行かないかも。レアだし。

友達と飲食店街を歩いていて、話のタネとして「もしこんなかだったらどれがいい?」と聞いたら思いの外盛り上がって、そのままここ入ろっか!ってなるパターンを脳内で1人でやった。バーキンめっっっちゃめちゃおいしくて感動した。チーズバーガー200円なのにどこよりもうめえ。チリチーズフライ最高。

 

んで帰ってたら、スクランブル交差点の信号のところでガッツリ写真撮影している人がいで驚いた。スクランブルで写真撮ってる人はよくいるけどさ、なんていうのでしょうか、若いお兄さんで、下品な色のスーツ着ていて、宣材写真か?って感じのポージングと笑顔をしていた。

私の予想→①YouTuberの宣材写真(コムドット風味)②マルチの代表の宣材写真③ベンチャー企業で気合い入ってるやつがSNS運用するためにプロフィール撮影④Tinderに気合い(後略)

あまりに表情と立ち方が①〜④タイプすぎて、うわ〜ってなって避けたんだけど、おじさんのカメラマンが「腰が曲がってるよ〜」とか冷静に注意していてウケた。わかんないけど、そういう写真を撮影するのってテンアゲ⤴︎なカメラマンだと思ってた。

あと、「あそこであの感じの表情で自信満々に撮影できるメンタルと自己愛」ってだけでもうあんたは勝ちだから、いい写真撮ってSNS頑張る必要ないよ…と思った。

 

 

乗り換えの駅で、ものすごく高身長の黒人系の高校生男子と歩くペースと方向が何メートルか重なった。んでね、その高校生の感覚を疑似体験したの。ある学生が6回も振り返ってガッツリ見ていたり、色んなサラリーマンたちがチラッチラッと目線を飛ばしていたり(全部男性。多分女性は隠すのが上手い)。衝撃的だった。たったの数秒間だったのに、嫌な思いを数十回した。自分があの高校生だったら、これを生まれてから毎日ずっとなんだ。耐えられないかもしれない。