ちゃんとしたい

弾性のあるゲロ

528

PMS。お昼食べたカレーが離乳食みたいで美味しくなかった悲しい。

 

私は結婚も出産も今のところ全くしたくないんだけど、これって「でも運命の相手と出会って全てが変わりました!」のための人生賭けた壮大な前フリなのかもしれないと突然考え始めた、自分ではそんなふうには思っていないつもりだけど、周りからはそう見えているだろうし(だから「まだ出会ってないだけだよ!」とかいう)、自覚するだけで恥ずかしいから奥底に沈めている気持ちなのかもしれない。まあ残念ながら私は「全てが変わりました!」アンチですので、運命(まずカス概念、他人に夢見すぎ)の相手がいたとて他人と生涯暮らすのは依然として無理だし、社会的な願望とは結びつかないと思うけど。

人を信じる技能が足りないんだよね←かっけ〜。小学生のときから他人に自分の秘密や弱みを明かす行為の意味がわからなくて、噂話や恋愛話で盛り上がることに対して疑問しか湧かなかった。誰にも言わないでね!をされても言う相手も理由もないし別に言いたくもならないから言ったことなかった。中学校で社会から振り落とされないようにしていたら、人を信じることあるいは秘密を打ち明けることはコミュニケーションの1形態なのか!と学習した。でも出来ないから表現として上澄みだけやっていた。大体聞き手に回れば出来ているカウントになるし。友達と会話して映画を見るために「胸キュン」のふりしてアオハライドを買って読んでいたけど、本気で「胸キュン」がわからなくて、感情ではなく具体的なシーンの傾向を指しているのだと思っていた。ブックオフでセット売りするためだけに最終巻買って即売った。てかみんなもおしゃべりのために「胸キュン」をちやほやしているだけで存在しない概念なんだと思っていたな、性欲だったのかと気がついたのは高校生になってからでした。最近は弱みを見せるをしょうもねえわがままにずらして実践している。みんなが羨ましい。要するにプライドが高くて傷つくのが怖いから誰も信じてないってだけ。誰にも電話をかけられないまま、誰にも泣きながら相談しないまま自分は死ぬ。

 

でも言わせて欲しいけど他人は誰も美しくないから。そんなのをお守りのように100で信じられるわけないだろお前らは信じるの響きに逃げすぎなんだよ要素は2個なんだよ言葉と「複雑な心」っていう想像だけでしょふざけんなよ、0と2を0と100にしないでほしい、「複雑な心」に98のディティールはないんだよそんなものはお前の脳みそにしかないから。信じてなんかいないじゃん堂々と掲げるな、うわそうか、そうか、私は小さい信じるをみんなのように堂々と掲げたかったのか、みんな別に私と同じくらいしか信じていなかったのか、書いていて気がついた。いやでもやっぱり世間は小さい信じる、2をうす〜〜〜く拡張して100だと思い込んでいるのか?